女子ゴルフ ゴルフマナー

Pocket

ゴルフは 紳士のスポーツとも言われ、マナーが重要視されるスポーツです。
服装は襟のあるものを着用、とよく言われます。
禁止されているのはジーンズや短いショーツ、
Tシャツ、サンダル履きなどです。
最近ではファッションの流行の関係もあり、
必ずしも襟のあるものでなくてもOKとなっています。
女子プロコルファーでは、スウングのフィニッシュでおへそが見えるウェアで
否両論ありましたが、ヒップハングのパンツに短い丈のトップスが
ゴルフファッションのトレンドで、最近ではおへそが見えるのも
あたりまえになってきている傾向にあり、マナー違反とまてはいかないようです。

プレー中のマナーでは、他のゴルファーのプレーを妨げるような
行為は避けなければいけません。
他のプレーヤーがショットやパットをしようとしている時に音や声を出したり、
その視野の中に入り動いたりする行為はマナー違反です。

人気のゴルファーを携帯カメラで撮り、
そのシャッター音がプレー中の妨げになるということもありました。
プレーヤー同士はもちろんのこと、ギャラリーもそれなりのマナーを
わきまえて応援する必要がありますね。

ウォーミングアップなど素振りをする場合、
人がいる方向には絶対クラブを振ってはいけません。
土などが飛ぶ可能性もありますし、
クラブやクラブヘッドが抜けて飛んでいく可能性もあります。

マーカーはホールに対して球の直後に置くべきとされています。
球の直前に置くことも規則の上では反則にはなりませんが、
地面を押さえたりすれば球のラインに手を加えたとみなされ2罰打が科される恐れもあります。
グリーン上では他のプレーヤーのラインの上を歩かないということもあげられます。
よく見かけるのがプレーする時間です。

初心者なのはわかるけれども、あとに次のグループが続いているので、
ひとつのホールを時間をかけすぎるのはとても迷惑です。
お互いにスムースにプレーできるよう、
素振りに無駄に時間をかけたりしないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。