女子ゴルフ スタンス

Pocket

ゴルフでのスタンスとは、構えた時の両足の位置のことを言います。
スタンスの向きや幅によって、ショットの方向性が決まるので、
とても重要なものであり基本となります。

スタンスの基本は、肩幅と同じくらいの広さが基本となります。
ドライバーショットでは、両足の内側が肩幅と同じくらい、
アイアンなどクラブではクラブの番手が小さくなるにつれて、スタンスは少しずつ狭くしていきます。

スタンスの幅が広すぎると、バックスイング時に体が反転しづらくなり、
スタンスの幅が狭すぎると、スイングの軸がブレやすくなります。

スタンスは大きく3つに分けられます。
一般的なスタンスはスクエアスタンスと呼ばれています。

ターゲットラインに対して平行に立つこのスタンスは、ゴルフの基本です。
このスタンスで構えてショットすると、スイング軌道がインサイドインとなり、
球筋がまっすぐになります。
このスタンスはとてもシンプルですが、体の柔軟性が求められます。

次に左足を後ろに引くオープンスタンスです。
ターゲットに対してスタンスの向きは左を向くことになります。
スタンスをオープンにすることでボールにスライス系の回転を掛けることができます。

また、アプローチのときにオープンスタンスに構えると、
両目でしっかりとターゲットとの距離を確認できるという特徴があります。
最後に左足を前にだす、クローズスタンスです。

ターゲットに対してスタンスの向きが右を向くことになります。
このスタンスはフェースが被ることになりますので、ロフト角度が減ります。
その結果スクエアスタンスに比べると低い球筋になります。
このスタンスはボールにフック系の回転がかかります。

コメントは受け付けていません。