女子ゴルフ バックスイング

Pocket

ゴルフでのスイングとはゴルフボールをクラブで打つことを言います。
スイングの中でも、クラブを振り切るまでには、バックスイング、
トップスイング、ダウンスイングの3つに分かれています。

スウングは体重移動と回転で成り立っています。
最初に体重移動がきて、次に回転するという順番になります。
バックスウングとはスイングを開始する過程のことです。

最初に右足股関節に体重を乗せ、
その動きについていくように上体を回転させていきます。
この時のクラブの動きはクラブヘッドが
右足の前にくるまでは体と平行になるように動かします。

徐々にクラブを上げていきますが、
両手が腰の高さに上がるまでは両方のヒジを曲げないようにします。
腕を自然に伸ばしたままクラブを上げていきす。

体重が右足股関節に乗ったら今度は上体を回転させていきます。
バックスイングでは右肘を曲げてクラブを上げていきます。
右肘の向きは、右肘を下に向けたままクラブを上げていくことです。

右肘が上を向いているとスイングが安定せず、
ミスショットの原因になってしまいますから意識していきましょう。
バックスイングで回転が早すぎたり、遅すぎたりする場合があります。

早すぎる場合、クラブの軌道がインサイドに入りすぎて
トップの位置が小さくなったり、クラブの軌道が水平に近いスイングになります。
遅すぎる場合、クラブの軌道がアウトサイドに上がりすぎて、
クラブの軌道が垂直に近いスウィングになりすぎてしまいます。

また、トップで左肩が下がり、インパクトでフェースが被るので、フックボールの原因になります。
間違ったバックスイングをしていると、他がどんなに良くても、飛距離は伸びないとされています。


コメントは受け付けていません。