女子ゴルフのお取り寄せはこちらで、友達・知人とと差をつけたい方必見です

Pocket

彼女の女子ゴルフ、想像出来ますか?

韓国ツアーの#Hite-Jinro Championship に推薦を頂いて出場させてもらいます! 試合期間は11月2日〜5日の4日間。#韓国ツアー の#メジャー大会 です! 韓国ツアーの試合に出てみたいと思っていたのですごく楽しみです😊 上位に食い込めるよう#頑張ってきます !! #女子ゴルフ横峯さくら Sakura Yokomineさん(@sakura_yokomine)がシェアした投稿 – 2017 Oct 24 10:59pm PDT

お勧め女子ゴルフ

昨日はめでたい敬老の日。
我が家のばーばは、二泊三日のショートを終え、昨日の朝、家に帰ってきました。
ばーばのショート中は、台風接近の最中、女子ゴルフの大会、マンシングウェア東海クラシックを観に行ったり、地区の運動会に参加したり、旦那と二人で休日を楽しんでいました。
ショートから帰宅したばーばは、なんだか不機嫌。
ショート中も不機嫌で、朝食後の服薬も手こずったそう。
わかりますけどね。
「なんで、私が施設に二泊三日も泊まらなきゃいけないんだ」って怒ってるんですよね。
そして、自分が生きるためには絶対逆らってはいけない存在である娘には、その不機嫌さをぶつけることは無いのだけれど、施設の職員さんには上から目線の態度をとるばーば。
やれやれです。

今朝、スマホを開き目に付いたYahoo!ニュース。
増加する認知症患者の身体拘束
家に帰りたいと、ベッドの柵を乗り越えようとするなど、転倒の危険性があるから「抑制」として身体拘束する。
わかります。
認知症患者の抵抗する力は、ものすごく強い。
人手も足りない病院や施設。
それでも、自分の親が、家族が、ベッドの柵に手足を縛られている姿を見て、どう思いますか?
薬による「抑制」も同じ。
意識が朦朧とするほど薬を飲まされて、身体の動きを抑制する。
患者の人間としての「尊厳」か、転倒・骨折のリスクを避けるための「抑制」か。
究極の選択。
私は、じーじの介護中、まさにこの究極の選択を迫られた。
私が選択した答えは、入院をたった1日で打ち切り、在宅で治療・介護すること。
そして、二度と入院はさせず、家で看取ることに決めた。
しかし、認知症患者の在宅での介護は、介護者に負担がかかり、ストレスが増大する。
時には怒りが爆発し、じーじに手を挙げることもしばしばだった。
病院のベッドで身体拘束される日々か?
自宅で娘に引っ叩かれる日々か?
これもまた、究極の選択。
自宅での介護は、行き詰まれば「介護殺人」の危険性もある。
これは、一番避けなければならない。
そうなると、病院での身体拘束は「有り」なのか?
結局、正解は無い。
たまたま、我が家のじーじは、段々と身体が弱り、自宅で看取ることができた。
これは、運とタイミングが良かっただけ。
朝から、考え込んでしまいました。
ぽちっと応援お願いします
人気ブログランキング
こっちもぽちっとね
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。