女子ゴルフについて最低限知っておくべき3つのこと

Pocket

ウェブエンジニアなら知っておくべき女子ゴルフの5つの法則

女子ゴルフインストラクターまつしま。です。
クラブを上げて下ろす時の動作が、一番スイングで難しいところかもしれませんね。
トップからダウンの時に、
綱引きをイメージしてみましょう。綱を引くとき、どこに力を入れていますか?どこから引っ張りますか?たぶん、下半身ですよね?腕だけではありませんね。
イメージしてみてくださいね。
ブログランキングに参加しております。応援クリックどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
ゴルフランキング
シニアツアー参戦中の下井プロの目から鱗のレッスンでレベルアップ!大阪西区南堀江の室内ゴルフスクールゴルフレッスンドゥゴルフスタジオのホームページです~
http://www.do-golf-studio.com

ほっと安心、もっと活力、きっと満足。女子ゴルフの約束

最終更新:1/2(火) 9:43 デイリースポーツ  女子ゴルフの森田遥(21)=フリー=は、2017年に待望のツアー初優勝を果たした。今年も、さらにグレードアップして、全国のファンを魅了する。

 待ち望んでいた初優勝。森田は昨年8月の「meijiカップ」を制して「本当にうれしい。やっと自分から抜け出した感じ」と喜びをかみしめた。

 高松市出身の21歳。9歳でクラブを握り、四国女子アマをはじめ多くのタイトルを獲得した。高松中央高卒業後の15年、米下部のシメトラツアーに参戦。1勝したが、賞金ランク10位までに与えられる米ツアー出場権は、わずか287ドル差で逃した。

 悔しさを胸に16年は、QT4位の資格で日本ツアーにフル参戦した。日本女子プロ選手権最終日では、前半で首位に立ちながら、最終的に12位。勝負どころで崩れた。

 昨年も「meijiカップ」の前週まで17試合に出場して、予選落ちは3回だけ。トップは6回とたびたび上位争いに加わっていた。それでも優勝にはあと一歩届かなかっただけに、「もっと早く優勝できると思っていたけど、こんなに回り道をするとは。でも、やっと応援してくれる人に胸を張って帰れる」と喜びはひとしおだった。

 中国出身の両親を持つ21歳。「日本で力をつけて、また自信を持って向こうで戦えるって言えるようになったら、海外にも行きたい」。大きな夢を抱くヒロイン候補は18年、さらに飛躍する。    おっちゃんとしては再挑戦するときは日本人名で戦ってほしいです~~  まぁハルカちゃんははるかチャンなやけどね・・・・ 

コメントは受け付けていません。