女子ゴルフ パッティング

Pocket

パッティングは、グリーンに乗ったボールをカップンするための動作で、
スコアアップには最も重要なものです。

パットが上手になれば、100の壁をクリアするのも容易になってきます。
パットを打つ時のボールの位置は目の真下か それよりやや左に置くのが
正しいボールのポジションと言われています。

テイクバックの距離と フォロースルーの距離が ほぼ同じになるようにし、
ゆっくりとしたテンポでイメージ通り ボールをターゲットに
転がす意識をもってストロークします。

パットは 距離感、方向性、グリーンを読む能力で決まってきます。
どんなに良いストロークをしてもラインを間違って読んでしまっては、

カップインすることができず、良い結果が出せません。
パットのラインは ストレート、スライスライン、フックライン、
平ら、下り、上りの何かとの組み合わせで
一見なだらかな傾斜だけのように見えても、
うねりがあったりするので、よく確認しましょう。

またボールの転がりは 芝目によっても影響されますので、
グリーン上では あらゆる情報を素早く 的確に
読み取るようにすることが重要です。

芝を完全に読み取ることができても、パットする時に風が強くなったり、
追い風、向かい風などにより状況が違ってくることも視野に入れましょう。
せっかくの計算が風のために、狂ってしまうこともあります。

たかが風といえど小さなゴルフボールは、風の抵抗を受けやすいものです。
また、パッティングする人も風により、重心がブレたりすることもあるでしょう。
風は何かとメンタルな部分をかき乱す要因のひとつでもありますから、
ゆっくり落ち着いたパッティングができればこしたことはありませんね。

4161

コメントは受け付けていません。