女子ゴルフ グリップ

Pocket

グリップはゴルフをする上でとても重要なポイントで、
体の力をうまくクラブに伝えるためにとても重要な役割を果たしています。

グリップはスイングに大きな影響を与える部分なので、
ゴルフ上達のカギとなりスコアを伸ばすか伸ばさないかは
グリップ次第といっても過言ではありません。

グリップの基本は左手は小指、薬指、中指の3本を中心に、
右手は薬指、中指の2本を中心に握ります。
強く握るほど手首が固まり力の溜が弱くなってしまいますので、
できるだけソフトに握るのがコツです。

グリップには
1.オーバーラッピンググリップ
2.インターロッキンググリップ
3.テンフィンガーグリップ

以上、3つあります。

オーバーラッピンググリップは右手の小指が左手にオーバーラップグリップで基本的なグリップです。
ゴルファーの中で最も多く採用されているグリップで、全体の8割方を占めると言われています。
このグリップの良い点は、左手の指が全て握れているので、スイング中ズレにくいことです。
また、右手の小指を乗せることによって両手の密着感があり、
強くなりすぎる右手の力を抑え、左右均等の力でスイングすることができます。

インターロッキンググリップは右手の小指が左手の人差し指と中指の間にロックされたように握るグリップです。
インターロッキンググリップは、オーバーラッピンググリップの次に
多く採用されているグリップで、右手の力が弱い人や両手の握力が弱い人には、
左手の人差し指と右手の小指を絡ませるインターロッキンググリップが有効です。
このグリップの良い点は、オーバーラッピングと同じように両手の密着感があり、
右手と左手が離れにくく、ズレにくいことです。

テンフィンガーグリップは10本の指で握り右手の小指は左手の上や間に重なることがありません。
このグリップの良い点は、両手でしっかり握れることです。
両手の間隔がインターロッキングやオーバーラッピングよりも離れているので、
バックスイングで手首を左手親指側に曲げたり、肘の折りたたみがしやすいのが特徴です。

4161

コメントは受け付けていません。