ゴルフのOB

Pocket

OBはゴルフ用語ですが、よく聞く言葉でしょう。
ゴルフのルールを知っている人には常識レベルことです。
具体的な説明をしましょう。
OBとはアウトオブバウンズつまり、場外です。
ゴルフのプレーができる範囲は決められており、その外に飛んで行ったボールをOBと呼んでいるのです。
整地されたところにラインが引かれているわけではなく、目印となる杭が立てられています。
多くの場合、その外はやぶや林になっていて、クラブを振ることができない状況です。
さて、それでルールについてですが、1打罰となります。
実質的には2回余分に打ったことになります。
1打目のティショットならば、もう一度ティショットを打ちますが、その時点ですでに3打目を打つことになります。
セカンドショットの場合は、最後に打ったところにボールを落として、そこから打つことになります。
初心者の時にはOBを何度も打ってしまうことも少なくないでしょう。
OBを出すことで、他のメンバーに迷惑をかけてしまうことになりますから。無理に遠くに打たなくても小さく確実にカップに近づくようなプレーをしたいものです。
それから遠くからではOBかどうかわからないケースもあります。
この場合には暫定球と言うルールがあります。
これはボールに近づくまでプレーが止まってしまうことを避けるためのルールです。
暫定球は何度打ってもカウントされませんから、スロープレーを防ぐためにも積極的に利用したいものです。
プロの試合でも打っているはずです。

4161

コメントは受け付けていません。