ゴルフのルールとマナー

Pocket

ゴルフはルールも大事ですが、マナーを守るスポーツでもあります。
ただ、どこまでがマナーなのか、ルールはどうなっているのかを知らなければ何もできません。
一般的なことからいくつか紹介しましょう。
まずは、ゴルフは打つのは個人ですが、コースを周るのはグループです。
スタート時間に遅れないことはゴルフ以前のマナーと言えるでしょう。
渋滞などで遅れそうなら早めに連絡しておくことです。
それから、プレーをしている人の邪魔をしないことです。
アドレスに入っているのに大声で隣の人と話している人が時々いますが、プレーしている人にとっては非常に耳障りなはずです。
スロープレーも避けなければなりません。
都心に近いゴルフ場では多くのプレイヤーがいますから、自分がスロープレーをすると多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。
慌てる必要はありませんが、適度にスピードアップを心がけましょう。
初心者のうちはそのプレッシャーで落ち着いて楽しむことができない場合も少なくありません。
アドレスに入ってから急ぐのではなく、次に打つクラブを選んでおくとか、どこに打つかを頭の中でイメージしておくだけで、プレーのスピードはかなり違います。
グリーン上でのマナーもあります。
ルールとして決められているわけではありませんが。他のプレイヤーのラインを踏まないことです。
誰でも自分のプレーを邪魔されたくないものです。
また、プレイヤーの近くに立たずに少し距離を置きましょう。

4161

コメントは受け付けていません。