ゴルフの空振り

Pocket

ゴルフの初心者の時には力いっぱい飛ばそうとして、空振りをしてしまうことが少なくありません。
そこで重要なのがゴルフのルールです。
空振りはボールが動かなくても1回打ったものと見なされるためカウントされます。
そして重要なのは空振りの後のプレーです。
初心者は周りの視線が気になって、非常に焦っています。
そこで落ち着くことができるかどうかが、その日の成績に大きく関わってくるでしょう。
空振りをしてボールが動いても動かなくても、そのままボールに触らずに次を打たなければなりません。
それを手に持ってしまうと、さらに1打罰となるのです。
経験者ならそれは常識なのですが、意外と知らない人もいます。
練習の時は空振りを何度もやってください。
それで上達すると説明する指導者もいます。
ただ、本番では空振りは避けたいものです。
止まっているボールを打つのだから、他のスポーツよりも簡単だと思っている人が少なくありません。
しかし、止まっているからこそ、余計に焦ってしまうのです。
グループで周るスポーツですから、一人のプレーが遅れると周りの人に迷惑をかけてしまうのです。
それが初心者にはプレーッシャーとなります。
平常心でプレーできるかどうかがゴルフのレベルとなるのかもしれません。
空振りをしても堂々としていてください。
ちょっと冗談ぐらい言えるようになりたいものです。
ただ、ルール自体はしっかりと守らなければなりません。
準備段階の素振りと空振りは明確に違います。

4161

コメントは受け付けていません。