ゴルフのバンカーでのルール

Pocket

ゴルフのルールの中でバンカーに関する項目はたくさんあります。
いくつか紹介しましょう。
そもそもバンカーとはゴルフコースの中に設けられた障害物です。
砂場ですからゴルフボールを出しにくくなっているのです。
ただ、ボールがバンカーの中にあるのですから、自分もバンカーに入らなければなりません。
その時にどのような入り方をするかもルールの一つです。
砂は高いところから低いところへ落ちていきますから、入る時には低いところから入ります。
遠回りになっても、それが重要なことです。
そして、次が重要なルールですが、アドレスする時に砂にクラブを付けてはいけないと言うことです。
2打罰のペナルティとなります。
基本的な考え方としては障害物である砂を乱さないようにして打たなければならないと言うことです。
同じように木切れや葉っぱなどが落ちていたとしてもそれを取り除いてはいけません。
これもルールです。
そして、打った後のマナーです。
砂の部分がクラブや靴の跡で乱れています。
それをきれいにならすことがマナーです。
次の人たちのためです。
バンカーでのルールを知ることは重要ですが、それと同時にどうやって打つかを考えなければなりません。
ゴルフのレッスンでもバンカーショットの打ち方を教えてくれるでしょう。
もちろん、思った通りに打てれば何も苦労はしません。
たくさん練習しなければうまくならないでしょう。
ゴルフのコースに出たら、どこかでバンカーにつかまる可能性は高いですから、しっかりと練習してください。

4161

コメントは受け付けていません。