ゴルフの注意すべきルール

Pocket

ゴルフにはいろいろなルールがあります。
知らないうちにルール違反をしているケースもありますから注意が必要です。
まず、ゴルフクラブについてです。
ラウンド中に同伴の競技者からクラブを借りたらペナルティです。
自分がバッグに入れているつもりだったら、実は忘れていた場合、あなたはどうしますか。
知人と一緒に周っているとつい借りてしまいそうになることでしょう。
しかし、これはルール違反なのです。
そこで慌ててクラブハウスまで取りに帰ったとします。
それでも全体のプレーを遅らせることになり、ペナルティです。
また、同伴者にアドバイスをしたり、されたりすることもペナルティとなります。
これらのゴルフのルールを見ていると、紳士のスポーツと言う表現が間違っていないことがわかります。
紳士としてやってはいけないことがペナルティなのです。
ただ、クラブの貸し借りはだめですが、ボールの貸し借りは問題ありません。
また、キャディはプレイヤーと同一と見なされるため、キャディのアドバイスを受けても問題とならないのです。
ここで説明したルールはラウンド全体に関係しているものです。
この他にティーショットの時、バンカーの時、ラフで打つ時など、いろいろなケースでのルールが決められています。
友人や会社の人たちとのゴルフの場合と、競技として行われているゴルフではルールの適用方法が違っているでしょうが、基本的なルールについては知っておかなければなりません。

4161

コメントは受け付けていません。