ゴルフ初心者のためのルール

Pocket

ゴルフの初心者はルールのことがよくわからないでしょう。
少ない打数で上がった方が勝ちと言うことだけはわかっているとしても、それは一番基本のルールです。
ゴルフではペナルティを受けないようにすることがルールを知ることにつながるのです。
ここでは初心者が失敗しそうなルールをいくつか紹介しましょう。
まずは空振りです。
ボールを打つ動作のことをアドレスと言いますが、その態勢に入ってからのスイングはすべて打ったことと同じです。
つまり、空振りは打ったけれどもボールが動かなかった状態となるのです。
そのため打数はカウントされます。
そこで初心者が注意しなければならないのは、慌ててもう一度打とうとしないことです。
落ち着いて深呼吸をしましょう。
もちろん、それができるなら初心者卒業です。
それから、木切れや葉っぱなどの障害物への対応です。
地面に落ちているものはすべて触ってはいけません。
ボールの上に葉っぱがあっても、そのまま打たなければならないのです。
自然の中で行うスポーツですから当然のことなのかもしれません。
ゴルフの楽しみを覚えた人は、これらのルールも微笑ましく感じることでしょう。
ルールを作った人の気持ちがわかるからです。
ゴルフを始めたばかりなら、そこまで気が周るわけはありません。
ルールを知るだけで精いっぱいなのです。
ただ、ラウンドに出る前にできるだけルールを調べておくことは初心者として当然のことです。
初心者だから大目に見てもらえるわけはないのです。

4161

コメントは受け付けていません。