ゴルフのローカルルール

Pocket

ゴルフのルールはルールブックにすべて書かれているはずです。
しかし、実はローカルルールと言うものが存在します。
それぞれのゴルフ場で決められているルールです。
いくつか紹介しましょう。
ただ、ローカルルールと言っても、ゴルフ場が思い付きで決めているルールではありません。
ゴルフ規則の中で、ゴルフ場毎のコースの違いによって生じる制限を設けることができることになっているのです。
具体的なローカルルールを紹介しましょう。
一つ目はコース内の特定のエリアをコースの境界に設定することができます。
芝が気候などの影響で傷んでいる場合、その保護のためにコースの境界を設定することができるのです。
それから、同じように若木の保護のために境界を設定する場合もあります。
いずれも自然の中で行うゴルフだからこそ設けられるルールと言えるでしょう。
また、大雨が降った後など、土壌が荒れている場合も同じです。
注意しなければならないのはこれらのローカルルールはすべてが公式に認められるわけではないことです。
もちろん、レクレーションとして楽しんでいる人たちは問題ありませんが、競技が行われている場合は厳格なルールの適用が求められます。
それがローカルルールです。
地面にボールが食い込んでしまった場合には土壌の状態によりますが、ペナルティなしでボールを拾い上げることができます。
自然を相手にしているため、いろいろなケースがあるのです。
それもゴルフの楽しみと言えるでしょう。

4161

コメントは受け付けていません。