ゴルフのペナルティ

Pocket

ゴルフのルールとはペナルティをどれだけ受けるかと言うことに尽きます。
それは他の人の得点になるというスポーツではないからです。
ゴルフが自分との闘いであると言われる理由でしょう。
相手との直接的な戦いが多いボールを使ったスポーツですが、ゴルフだけが違うのです。
さて、ゴルフのルールではいろいろなことが決められており、ある行為がペナルティを受けると1打罰、2打罰など打数が加えられます。
少ない打数でカップインすることが上位になるための条件となりますから、ペナルティを受けると勝利から遠ざかることになるのです。
もちろん、競技として行われている状況と知人同士での楽しくやっている状況ではルールの適用は少し違ってくるかもしれません。
ただ、ルールそのものを知らないことはゴルフを真の意味で楽しめないことになります。
しっかりとルールを調べておきましょう。
もちろん、めったに出会うことがない特殊なルールもあるでしょう。
しかし、多くの場合はよくあるパターンなのです。
自分がラウンドに出て、戻ってくるまでをイメージしてみましょう。
ゴルフは自然の中で行う数少ないスポーツです。
コースは人工的に作られており、バンカーもあります。
しかし、芝生の目や伸び具合、葉っぱや木切れなどもルールの一部となっているのです。
それを理解すればゴルフの楽しみ方がわかってくるでしょう。
高齢になればボールの飛距離は伸びなくなります。
それでも自分なりの楽しみ方ができるはずです。

4161

コメントは受け付けていません。