ゴルフの技術とルール

Pocket

ゴルフの技術とルールについて考えてみましょう。
まず、技術を磨くためには練習が重要です。
もちろん、初心者がすぐに上達することはありませんから、コースに出る前に練習場である程度経験を積むことになります。
ただ、練習場ではルールを学ぶことはできません。
ゴルフのルールはコースに出た時に適用されるからです。
事前にルールブックなどを購入して一読しておくことがマナーでしょう。
もちろん、ルールのすべてを覚えておくことは難しいですから、初心者のうちは熟練者についていくだけです。
ただ、練習をどれだけやっても、実際のコースとは雰囲気が違います。
焦りや緊張感から思った通りに打つことができないのです。
ゴルフは止まっているボールを打つのですから、自分でタイミングを計ることができます。
これが他のスポーツと大きく異なる点です。
ただ、そのタイミングは自分の気持ちを表しているため、平常心を保つことができなければうまく打てないのです。
ゴルフのレッスンを受けたりビデオを見たりすれば頭の中では打ち方を理解できるでしょう。
ただ、それが体で理解できているかは別のことなのです。
ゴルフが精神のスポーツだと言われる理由もここにあります。
メンバーと一緒に周っているのですが、実際に戦っているのは自分自身なのです。
自然の中でのんびりとゴルフを楽しめるようになるのはある程度経験を積んでからでしょう。
ゴルフは高齢になっても歩くことができる限り続けられるスポーツです。

4161

コメントは受け付けていません。