ゴルフと性格

Pocket

いろいろなスポーツを楽しむ人が多いですが、プレーを見ているとその人の性格が表れることが少なくありません。
ゴルフはそれが顕著なのでしょう。
複数人で周っているとしても、実際に戦っているのは自分だからです。
少しでも少ない打数で周れるかどうかは自分の状態にかかっています。
それだけが頼りなのです。
もちろん、日頃から練習をして来たとしても、コースに出て平常心でいられるかどうかわかりません。
相手との競技であれば、相手の調子によって試合の流れが変わります。
しかし、ゴルフはそれがないのです。
もちろん、横で打っている人の調子が良ければそれが気になってしまうでしょう。
それも含めて、性格と考えるべきでしょう。
性格を変えることはできませんが、ゴルフのプレーで実力を出せる予9にすることを心がけるべきです。
それが表に現れる実力なのです。
ルールはいろいろと決められていますが、周りの人に迷惑をかけなければたいていのプレーは問題ありません。
ただ、自分のミスショットにいらついて、周りの人の雰囲気を壊すことは避けなければなりません。
楽しむことが重要だからです。
実力以上のスコアを期待してはいけません。
ルールをまずしっかりと理解してください。
熟練者でも改めてルールブックを眺めてみましょう。
どのような状況が想定されているのでしょうか。
そこで自分はどのようなプレーをするだろうかとじっくりと考えるのです。
それがイメージできれば、コースでも落ち着いてプレーできることでしょう。

4161

コメントは受け付けていません。