ゴルフの無罰

Pocket

ゴルフのルールではいろいろな場面でペナルティを受けなければなりません。
もちろん、単にルールを知らなかったために受けなければならない場合もありますし、ボールが飛んだ場所が悪かった場合もあるでしょう。
いずれにしても所定の打罰が決められています。
ただ、似たような状況でも無罰となるケースも知っておきましょう。
例えば、同伴者にアドバイスをもらうことはペナルティですが、キャディにアドバイスをもらうことは無罰です。
これはキャディがプレイヤーと一体と考えられているからです。
プロのゴルフではキャディが重要な役割を果たしているのでしょう。
それから、同伴者にゴルフボールを借りることは無罰ですが、クラブを借りることはペナルティです。
ルールを知らないとうっかりとペナルティを受けることになるでしょう。
プロの試合ではしっかりと理解しておかなければなりませんが、友人同士でプレーしている時は大目に見てもらえるかもしれません。
ゴルフは楽しまなければ意味がないからです。
ゴルフの後の食事が楽しみと言う人も少なくありません。
それは決して悪い事ではなく、ゴルフを続けて行く理由になってもいいでしょう。
ゴルフ人口は少しずつ増えていると言われていますが、若い人たちにはあまり人気がありません。
熟練者がルールを教えるとともに楽しみ方を教えなければなりません。
何打罰になるかと言うことを重要視するのではなく、どうすれば楽しめるかを考えてください。

4161

コメントは受け付けていません。