女子ゴルフは文化

Pocket

女子ゴルフ空想実現百貨店

ゴルフのウェアについての記事がありました。アン・シネ、いいよね〜。ゴルフ観に行きたくなっちゃう💗
【携帯ニュース】

女子ゴルフ、肌の露出どこまでOK? 米協会は規則厳しく…日本と温度差

 全米女子プロゴルフ協会(LPGA)が今夏、大会に参加する選手の肌の露出を極力なくし、服装を派手にしないようにする新たな「ドレスコード」を設け、大きな話題を呼んでいる。7月中旬、ツアー参加時のコース上の服装についてのルールを細かく定め、選手に通達、すぐにこの取り組みをスタートさせた。下着が極端に見えてしまうような服装で大会に出場した場合など、規則を破れば罰金となる。事実上、規制を定めていない日本の女子プロゴルフ界との温度差が出ている格好だ。

 LPGAは今回の通達で、襟なしや胸元の開いたトップスをはじめ、ジョガーパンツやジーンズ、スカートか短パンを重ねてはかないレギンスの着用を禁止した。スカートや短パンは「立っている時や、かがんだ時にも常に下着をはいている部分が隠れる長さでなければならない」と定めた。

 また、この新たな規則について、選手が契約するウエアスポンサーに通知するのは、選手自身の「義務」とも定めており、ドレスコードを破ると1回につき1000ドル(約11万円)の罰金が科される。違反を重ねるごとに罰金は倍増される厳しいルールとなっている。

 こうした規制が設けられたのは、近年、夏場のツアーで選手の肌の露出が目立つようになり、教育の現場や未成年の健全育成を刺激するような「らしからぬ」現状が出てきたことが背景にある。ウエアメーカーもビジネスの観点から、自社の契約選手が目だつような、派手なウエアを開発し、競争が激化していることも拍車をかけた。

 奇抜なウエアでプレーする選手の代表格は、人気選手のミッシェル・ウィー(27)。今年3月には、肩から背中にかけて肌を露出させたタンクトップ調のウエアとミニスカートを着用して、ツアーに参加、一部のメディアで大きくクローズアップされた。

 一部の米国メディアは、こうした派手な服装が、一般のゴルフコースと競技の場とでドレスコードがかけ離れてきていると指摘。賛同派も含めて、女子選手の服装をめぐって、米社会で大きな議論がわきあがった。結局、LPGAは協議を重ね、今回、ウィーが着用した、背中が見えるタンクトップについては、襟があるものは認めることにした。

 米LPGAでは一定の「線引き」がなされた格好だが、ひるがえって、日本の女子プロゴルフの世界ではどうなのか。ツアーを統括する日本女子プロゴルフ協会はウエアについて「特に規制する予定はない」と発表している。

 日本の試合会場でその服装がとりわけ注目を集めている存在といえば、今季から日本ツアーに参戦している韓国人選手のアン・シネ(26)だ。肌の露出が多く、ボディーラインがくっきりと出るタイトなウエアや丈の極端に短いミニスカートの着用でゴルフファンの話題をさらっている。

 一方、アン・シネは今回の米国LPGAの措置を聞き、「不快感を与える恐れがあるなら規制も必要」との一定の理解を示した。日本で女子プロゴルフのウエアに大きな変革の波が訪れたのは、今季、引退する宮里藍(32)が「高校生女子プロゴルファー」として世間の注目を集めてゴルフ人気が高まった2003年ごろだろう。

 宮里のほか、ビジュアル系ゴルファーの元祖とされる08年賞金女王の古閑美保(35)ら、プレー中のファッションも“売り”にする若手選手が次々と登場。試合会場も彩りを増し、入場者増加に貢献した。

 ゴルフメーカーが作るウエアには丈が短いシャツが登場し、宮里も試合で積極的に着用。映像や雑誌でスイング直後の「へそ出し」姿が取り上げられた。日本女子プロゴルフ協会へのクレームもあったというが、女子ゴルフに対するイメージチェンジや新たなファンを引きつける要素となったのは確かだ。

 英国発祥でルールが厳格なゴルフの世界ではいつの世も革新的なウエアが物議を醸すのは免れないことかもしれないが、競技ウエアをめぐっては今後も時代の移り変わりとともに、女子選手の肌の露出をめぐる「せめぎ合い」が今後も続きそうだ。


アメリカの良く分からないとこは、モザイク無しの国の癖して変なとこに目くじら立てるトコだよなー。モザイクないんだからさー、とりあえず服着てんだもん、いーじゃん、みたいな😁俺らの楽しみを奪わないでくれ😁

てか例えばバレーボールなんて肌の露出は多いが別に観ててもエロいと感じないし、それはゴルフは私服っぽくてバレーはモロにユニホームって感じだからかな??
サッカーは例えば太股の露出で言ったらミニスカートにニーハイと同じぐらいだけど、ミニスカートニーハイはエロく感じるがサッカーのユニホームはエロく感じない。
俺は女子スポーツで1番エロく感じるのはダントツで陸上ホッケー。てか女子スポーツのユニホームの中で唯一エロを感じるユニホームや💗
まーゴルフとかラインを読んでしゃがんでる時の写真狙ってるカメラマンはけっこういるが、高い金払ってまで自分で撮りに行こうと言う気にはならないが…。ルールも良く分からないし。
ただ陸上ホッケーはリーグ戦やってるから、特に暑い時期に一回ぐらいは観たいなと思ってる自分みたいのがいるから規制が必要になるのか!納得😅

女子ゴルフのページにご訪問ありがとうございます♪

富士山を背に冬のゴルフ!寒い冬の日に「ゴルフコンペ」に参加しました。通称「呑み助ゴルフコンペ」でありまして、参加する年齢は年寄りばかりでありますが、見ている方が感心する程、酒を飲みます。但し、ゴルフの最中は流石に、控えて、終わった後の一杯会ではひたすら飲みます。それでも最近は、少し若い連中が紛れ込んで、場を盛り上げてくれます。この日は、リバー富士CC(富士市)にあるゴルフ場に行きました。近くには富嶽CC等もあり、第二東名が出来て来客が増えていると聞きます。一番の近道は富士サービスエリアからの往来でありますが、ご覧の通り、雪の積もる富士山も最高の眺めであります。ここからの景色は意外と近いようで遠い場所でありますので、富士山が一望に見えて感激する景色であります。  当社の戸塚課長代理が、前回B・Bでこのゴルフコンペの幹事でしたので誘った立場上、寒波で一段と寒い中をひたすら参加させて頂きました。しかし、現地に着くと風もなく意外と暖かく、気温は11度で吃驚しました。会社のある吉田町が4度ですから、我々に於いては真冬であります。風も無く、ゴルフ日和で最高のコンデションでした。それでも午後の2時を過ぎると流石に寒くなりましたが、最近、健康を気にしている小生にして見ると、かなりの自信が付きました。語るに及ばず、ゴルフのスコアーは並でありました。課長代理の横に並ぶ女性が、紅一点で、パワー溢れた女子ゴルファーです。男子と同じレギュラーから打って、我々をオーバーランしていきます。ゴルフに情熱を燃やしているようですので、直ぐに上手くなっていくでしょう。更に師走も押し迫って来ていますので、皆さんも身体に気を付けて下さい。  これから3月頃までが、空気も澄んでいて富士山が一番綺麗に見えます。日本平から、大井川沿いから、ゴルフ場からとまた写真をお届けさせて頂きます。

4161

コメントは受け付けていません。